歯の予防・クリーニング|鎌ヶ谷市の歯医者

電話受付 | 8:30~12:00 / 14:00~17:00
※土曜午前は8:30~13:00までの診療となります
休診日 | 木曜、土曜午後、日祝

歯の予防・クリーニング
prevention/cleaning

歯の予防について

日本人が歯を失う主な要因は「虫歯」と「歯周病」ですが、これらは正しいケアをすることで予防することができる病気です。一番簡単で、しかも効果的な予防方法は毎日のブラッシングです。しかし、これだけでは十分きれいにできない場合もあるので、合わせて定期的に歯科医院でのクリーニングを受けることが勧められます。

予防の重要性

自分の歯が多く残っているご高齢の方が増えていますが、これは予防の考え方が普及したことと大きく関係しています。丁寧にブラッシングをしたり、定期的にクリーニングを受けたりすることは、病気の発生を防ぐ役割の他に、病気が起きても早期に発見する役割もあります。生涯ご自身の歯で噛める状態が維持できるように、正しい予防習慣を心がけましょう。

正しいブラッシング

歯のブラッシングで一番大切なのは、磨き残しを作らないことです。ブラッシングに力を込める必要はなく、小刻みに動かすことが効果的に汚れを浮かせるコツです。また、歯ブラシだけの清掃で除去できるプラークは70%とも言われています。残る30%を取り除くにはデンタルフロスや歯間ブラシを使うとよいでしょう。
この他にもブラッシングの方法はいくつかあります。ぜひ、自分に合った方法をみつけてみて下さい。

当院の予防プログラム

予防の仕上げに当たるのが歯科医院で受ける予防プログラムです。定期的にお口と歯の健康状態を検査することで病気発見につながったり、ご自身で磨ききれなかった汚れをきれいにしたり、とても大きな予防効果が期待できます。
当院で行っている予防プログラムの流れをご紹介します。

1.口腔内検査

お口の中を診察します。むし歯や歯周病の傾向を調べるためです。歯石・歯垢の付着状態などを確認し、場合によってレントゲン撮影を行います。

2.口腔内写真

今後の変化を見定めるために、お口の中の写真を撮ります。

3.検査結果の説明

ここまでの診察から、お口と歯の健康状態をお伝えします。毎日のケアで気をつけたいことも説明します。わからないことはお気軽にお尋ねください。

4.歯石除去

歯石は歯垢が固まったもので、歯ブラシでは取り除くことができません。専用の器具で丁寧に取り除いていきます。

5.PMTC

PMTCとは、歯の専門家がいろいろな方法でお口の汚れを取り除くクリーニングのこと。歯の表面を滑沢にすることによって、プラークを付きにくくします。虫歯や歯周病の予防に効果的です。定期的に受けることをおすすめします。

これで予防プログラムは終了です。次回のクリーニングまで清潔な状態を保てるように、毎日のケアに取り組みましょう。

ページトップへ戻る