診療のご案内|鎌ヶ谷市の歯医者

電話受付 | 8:30~12:00 / 14:00~17:00
※土曜午前は8:30~13:00までの診療となります
休診日 | 木曜、土曜午後、日祝

診療のご案内
Medical

診療方針

ご自身の歯を残すことを第一に考え、長期的に安定したお口の健康作りにつとめています。わかりやすい説明、丁寧な治療をこころがけています。深く理解していただいた上で治療をすすめてまいりますので安心してご相談ください。

診療内容

虫歯の治療

一昔前の虫歯治療は、再発を予防しようと歯を大きく削って詰めたり、被せたりしてきました。しかし、現在では歯の寿命を延ばすためにできるだけ削らない方針に変わってきています。当院でもご自身の歯を長く残すことを第一に考えながら治療を行っています。

歯の予防・クリーニング

一度削ってしまった歯は、元に戻すことができません。歯の健康を守るためには、なによりも虫歯や歯周病を未然に予防することが大切なのです。定期的に専門的なクリーニングを受けることが虫歯や歯周病の予防に効果的なことがわかっています。当院でも積極的に予防に努めています。ぜひご相談ください。

歯の予防・クリーニング

歯を失った方の治療

歯を1本失うことにより、他の歯が移動してしまったりと負の連鎖がおきてきます。歯並びが悪くならないうちに治療を受けることが大切です。補う方法には入れ歯だけではなく、ブリッジやインプラントといった方法があります。それぞれメリット、デメリットがあるので、よく検討する必要があります。

歯を失った方の治療

根管治療

歯は表面から、エナメル質、象牙質、歯髄という構造になっています。歯髄は俗にいう歯の神経のことですが、虫歯がここまで到達すると激しい痛みに襲われるので、歯髄を取り除く治療が必要です。この治療のことを根管治療といいます。歯髄の除去と洗浄を何度か繰り返す大変な治療ですが、歯を抜かずに残すためにしっかりと治療することが大切です。

歯周病治療

日本人が歯を失う原因の第1位が歯周病です。歯周病は虫歯と同じように、歯にこびりついた歯垢や歯石が歯周病菌の温床となって進行します。そのため、まずは歯の表面や歯周ポケットについている汚れを除去する治療が必要です。歯周ポケットの深さによっては、歯茎を切開する手術が必要なこともあります。

子どもの歯の治療

子どもの歯は大人に比べて虫歯になりやすいので注意が必要です。乳歯はいずれ抜けるから虫歯になっても大丈夫と考える人もいますが、放っておくと生えてきた永久歯まで虫歯になりやすい環境におかれてしまうのでしっかり治療しましょう。虫歯を予防するために定期的にクリーニングを受けることもおすすめします。

入れ歯

入れ歯は作ることが治療の終わりではなく、かみ合わせなどの調整がとても大切です。残った歯に負担をかけないように心がけながら、より良い入れ歯を提供できるよう治療に取り組んでいます。保険診療の入れ歯の他に、自由診療の入れ歯も取り扱っています。

自由診療の入れ歯

自由診療

歯科の治療は大きく分けて、保険診療と自由診療に分けられます。機能性や審美性に優れた治療法が次々と登場していますが、どんな治療にも保険が適用できるわけではありません。自由診療では、保険で決められた枠を取り払うことで選択肢の幅を広げることができるのです。
保険診療に対して比較的高価な治療になるので、よく検討してご自身が納得できるものを選択することが大切です。

自由診療

ページトップへ戻る