診療のご案内_テスト|鎌ヶ谷市の歯医者

電話受付 | 8:30~12:00 / 14:00~17:00
※土曜午前は8:30~13:00までの診療となります
休診日 | 木曜、土曜午後、日祝

診療のご案内_テスト

診療方針

ご自身の歯を残すことを第一に考え、長期的に安定したお口の健康作りにつとめています。わかりやすい説明、丁寧な治療をこころがけています。深く理解していただいた上で治療をすすめてまいりますので安心してご相談ください。

診療内容

虫歯の治療

初期むし歯は歯の表面にごく近い部分がすかすかになってしまった状態。この段階であれば、再石灰化により自然と修復していくことが可能です。しかし、穴のあいたむし歯は元に戻ることがありません。

むし歯を治すには樹脂(レジン)や金属などの歯科材料を使って修復します。当然ですが人工の材料が天然の歯質に置き換わることはありません。どんなによい材料を使っても、ご自分の天然歯質に比べれば見劣りする代替品でしかありません(絆創膏を一生貼っているにも等しいです)。そのため、修復する際にはむし歯を再発させないように細心の注意を払う必要があると感じています。

小さなむし歯であればレジン修復で治すことにより削る量を最小限に抑えて安定した状態を保つことができます。しかし進行したむし歯の場合、接着技術が向上しているとはいえ天然歯質の強度不足のため剥がれが生じる場合が少なくありません。その場合は将来的なことを考慮すると型採りしたうえでかぶせるといった治療を選択したほうがよいこともあります。

むし歯の再発を防ぐことは歯の崩壊を抑えることでもあり歯を長持ちさせることでもあります。むし歯の治療はその進行とともに複雑になり、通院回数も増えてしまいます。せっかく治した歯だからこそ大切にしたいものです。

歯の予防・クリーニング

どんな治療がおこなわれたとしても、それが維持されなければ咬む機能としてのお口の安定にはつながりません。定期的に専門的なクリーニングを受けることがむし歯や歯周病の予防に効果的なことがわかっています。生涯安定したお口の健康を保つために定期的なメインテナンスがとても大切です。

歯の予防・クリーニング

歯を失った方の治療

歯を1本失うことにより、他の歯が移動してしまったりと負の連鎖がおきてきます。歯並びが悪くならないうちに治療を受けることが大切です。補う方法には入れ歯だけではなく、ブリッジやインプラントといった方法があります。それぞれメリット、デメリットがあるので、よく検討する必要があります。

歯を失った方の治療

根管治療

歯は表面から、エナメル質、象牙質、歯髄という構造になっています。歯髄は俗にいう歯の神経のことですが、虫歯がここまで到達すると激しい痛みに襲われるので、歯髄を取り除く治療が必要です。この治療のことを根管治療といいます。歯髄の除去と洗浄を何度か繰り返す大変な治療ですが、歯を抜かずに残すためにしっかりと治療することが大切です。

歯周病治療

日本人が歯を失う原因の第1位が歯周病です。歯周病は虫歯と同じように、歯にこびりついた歯垢や歯石が歯周病菌の温床となって進行します。そのため、まずは歯の表面や歯周ポケットについている汚れを除去する治療が必要です。歯周ポケットの深さによっては、歯茎を切開する手術が必要なこともあります。

子どもの歯の治療

子どもたちに歯科医院に対する嫌なイメージを持たせないように、と思っても最初はなかなか上手くいきません。当院では「ほめてのばす」を基本にしています。初めての時は 診査のみでお話しに終始することもあります。お口の写真を撮ったり鏡を使いながらお話したり。「また来てもいい」と思ってもらえるよう努めています。

むし歯の発症は、食生活やブラッシング習慣など日常生活に起因することが多いのが現実です。慣れや年齢による治療開始のタイミングもあるので、定期健診での状況をみながら個々に合った対応をこころがけています。フッ化物塗布・シーラント充填などの予防的な処置をおこないながら、永久歯への生えかわりをスムーズに迎えられるよう歯並びも含めて見守っていきます。

〈シーラント充填〉
むし歯になりやすい場所の一つである奥歯の溝が深い場合、その溝を封鎖する処置です。削ることなくおこなえます。

入れ歯

入れ歯は作ることが治療の終わりではなく、かみ合わせなどの調整がとても大切です。残った歯に負担をかけないように心がけながら、より良い入れ歯を提供できるよう治療に取り組んでいます。保険診療の入れ歯の他に、自由診療の入れ歯も取り扱っています。

自由診療の入れ歯

自由診療

歯科の治療は大きく分けて、保険診療と自由診療に分けられます。機能性や審美性に優れた治療法が次々と登場していますが、どんな治療にも保険が適用できるわけではありません。自由診療では、保険で決められた枠を取り払うことで選択肢の幅を広げることができるのです。
保険診療に対して比較的高価な治療になるので、よく検討してご自身が納得できるものを選択することが大切です。

自由診療

ページトップへ戻る