自由診療|鎌ヶ谷市の歯医者

電話受付 | 8:30~12:00 / 14:00~17:00
※土曜午前は8:30~13:00までの診療となります
休診日 | 木曜、土曜午後、日祝

自由診療
Free Diagnosis

詰め物・被せ物

詰め物や被せ物にはさまざまな材料が使われていますが、全ての素材で保険が使えるわけではありません。保険を使わない自由診療では、より見た目や機能性がよい素材を使って詰め物や被せ物を作ることができ、治療の選択肢が広がります。自由診療ではどのような治療を受けることができるのか、ご紹介しましょう。

セラミッククラウン

自分の歯と近い見た目をしているセラミックという素材で作った被せ物です。保険診療の被せ物は長年使っていると着色してしまうこともありますが、セラミックはほとんど変色することはありません。また、プラークが付着しにくいというメリットもあります。
ただし、セラミックは金属に比べて耐久性に乏しいため、大きな力がかかると破折してしまうことがあります。

セラミックインレー

セラミックで作った詰め物です。クラウンよりは小さな虫歯の治療に使います。自分の歯に近い見た目をしているので、治療の痕が目立ちません。
セラミッククラウンと同じく、金属よりも低い耐久性のため、大きな力がかかると破砕してしまうことがあります。

ゴールドインレー

人体になじみやすい金で作った詰め物です。銀歯(金銀パラジウム合金)に比べて金属アレルギーのリスクが少なく、耐久性も十分です。一方で、金色をしているため、会話や食事の際に目立ってしまうこともあります。

入れ歯

詰め物・被せ物と同様に、自由診療では入れ歯でもいろいろな素材が使われています。自由診療ではどのような入れ歯を作ることができるのか、ご紹介しましょう。

金属床

入れ歯をお口の中に固定させる床の部分を金属で作った入れ歯です。保険診療の入れ歯は食べ物をかむという機能を回復してくれますが、味覚という点では問題があります。金属床は薄く均一に作製でき、プラスチックに比べて熱をよく伝えてくれるので味の感覚が鮮明になります。
一方で、下あごには適応が難しい場合があります。また金属アレルギーがある人は使えません。

ノンクラスプデンチャー

入れ歯を固定する金具がない入れ歯です。保険診療の部分入れ歯は、金具をご自身の歯に引っ掛けて固定するため、土台になっている歯に負担がかかりやすく、金具が目立ちやすいという問題があります。ノンクラスプデンチャーはこの金具の部分がないため、残っている歯を守ることができ、見た目も自然です。

保険診療、自由診療いずれの入れ歯にしても、お口の状態は歳を重ねるごとに変わっていくので、定期的な調整が欠かせません。

ホワイトニング

歯に付着した着色はクリーニング(PMTC)などで落とすことができます。

PMTCとは、専用のジェルを使用しバイオフィルムを除去、歯面のつや出しを行うので滑沢な歯になります。PMTCを行うことで新たなバイオフィルムが付着しにくくなるため、定期的なクリーニングをおすすめしています。

歯自体の黄ばみ(内因性の変色)にはホワイトニングを行うと効果的です。

ホワイトニングには、歯科医院で行うオフィスホワイトニングとご自宅で行うホームホワイトニングがあります。
当院ではホームホワイトニングを取り扱っております。時間がかかるというデメリットはありますが、後戻りはオフィスホワイトニングに比べるとゆるやかではあります。

ホームホワイトニング(ティオンホーム) ¥23,000(税込)
リフィル(2本) ¥4,000(税込)

ページトップへ戻る