フッ素のはたらき|鎌ヶ谷市の歯医者

電話受付 | 8:30~12:00 / 14:00~18:00
※土曜午前は8:30~13:00までの診療となります
休診日 | 木曜、土曜午後、日祝

フッ素のはたらき

フッ素のはたらき

前回お話ししたむし歯のなりたち、その続きです。

 

歯の表面ではつねに脱灰と再石灰化が繰り返しおこっています。脱灰と再石灰化

脱灰は短時間で進みますが再石灰化は多くの時間を要します。

間食などの頻度が多いと口の中が酸性でいる時間が長くなり、徐々に歯の表面が柔らかくなって表層が崩壊。「むし歯」となります。

こうなると再石灰化では修復困難な状態となってしまいます。

 

再石灰化促進の決め手が唾液中のリン・カルシウムそしてフッ素、これらの濃度です。

フッ素がなくても再石灰化はおこりますが、あると再石灰化のスピードが速くなります。

先にお話ししたように再石灰化は時間がかかるため、フッ素は歯ブラシおよびフッ素洗口で日常的にとり入れると効果的です。

また、高濃度のフッ素塗布は唾液に溶けにくいフッ化カルシウムが歯の表層に多くできることがわかっていますので合わせて取り入れてみるのもよいでしょう。

 

歯の表面(エナメル質)の耐酸性を向上させてむし歯になりにく状態を維持するのに、こういったフッ素を意識的に取り入れるのも一つの方法と思います。

ページトップへ戻る